イベントカレンダー

   休館日 

※実験ショー・かんたん工作・宇宙劇場の上映は特別な場合を除き毎日行っています。


2017年9月






1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14 15 16
17 18
19
20
21 22 23
24
25 26 27 28 29
30


2017年10月

1 2
3
4
5
6
7
8
9 10
11
12
13
14
15
16 17
18 19 20
21
22
23
24
25
26
27 28
29
30
31





2017年11月







1
2
3
4
5 6 7 89
10 11
12 13 14 1516
17 18
19 20 21 2223 24
25
2627 28 2930



鹿児島市立科学館は、公益財団法人かごしま教育文化振興財団(指定管理者)が運営しております。

特別企画展

特別企画展

特別企画展は、身近な科学などをテーマにした企画展です。
展示とワークショップなどを組み合わせた内容で、年に1回、おもに夏休み期間に行っています。

平成29年度の特別企画展

タイトル「 アポロ展 ~人類、月に立つ!~ 」
期間平成29年8月2日(水)~8月31日(木)
内容ゾーン1「月への挑戦!~月競争の壮大なドラマ~」
 人類史上最大の出来事ともいわれる“人類の月着陸”。その実現を目指したアメリカと旧ソ連(現在のロシア)の熾烈を極めた宇宙開発はどのように展開していったのでしょう・・・。

ゾーン2「月の石・砂~人類が手にした星のかけら~」
 人類史上初めて、地球以外の他の天体のサンプルを持ち帰りました!このコーナーでは、アメリカのアポロ計画で手にした「石」、そして旧ソ連が無人探査で手に入れた「砂」を展示します。

ゾーン3「月を科学する~これまでの探査でわかったこと~」

 月の石や砂は、地球の石や砂とどのように違うのでしょうか?これまでアポロ計画や、無人探査機により多くの謎が解明されましたが、まだまだ多くの謎を秘めています。

ゾーン4「宇宙への挑戦!~宇宙に進出する人類~」

 月は地球に最も近い天体ですが、まだまだ多くの謎を秘めています。そのため、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国、インドでも、月探査機の計画を進めています。これからも月の探査は続けられ、やがては月に多くの人が住むことになるかもしれません。 
その他※7月24日(月)~31日(月)の期間、会場設営のため4階「だれでも工房」付近の展示ゾーンを閉鎖します。ご了承ください。
料金入館料が必要
夏休み特別企画「アポロ展」ポスター画像


過去の特別企画展

開催年 期間 タイトル
平成28(2016)年 8月1日~8月31日 タイムアドベンチャー巨大迷路
平成27(2015)年 8月1日~8月31日 虫・むし大百科~目指すは昆虫博士!~
平成26(2014)年 8月1日~8月31日 わくわく からだ大冒険
平成25(2013)年 8月1日~9月1日 ダンボールパーク~すべって・まよって・つくってみよう~
平成24(2012)年 7月21日~9月2日 乗ってみよう!遊んでみよう!体験!のりものランド
平成23(2011)年 7月15日~9月4日 ワンダフル3Dワールド~ここが立体世界の入り口だ~
平成22(2010)年 7月17日~8月30日 おもしろ大恐竜展~巨大!?肉食恐竜がやってきた~
平成21(2009)年 7月18日~8月31日 うごく とびだす 目にもふしぎな錯覚展
平成20(2008)年 7月19日~8月31日 トリックアート展
平成19(2007)年 7月28日~9月2日 恐竜王国であそぼう
平成18(2006)年 7月15日~9月3日 巨大昆虫にチャレンジ